3月 212013
 

インターネットや求人雑誌など、システムエンジニアの求人の探し方にも様々です。たくさんの業界があり、それぞれにマッチしたシステムエンジニアが仕事をしていますが、基本的な知識や技能についてはほとんど変わりません。まずプログラミングやネットワークなどの基本知識を持っていることが大切ですし、それぞれの現場でユニークな技術にも強ければそれだけ仕事のチャンスが広がります。

求人を探す場合、あまり細かい内容は掲示されていない例がほとんどです。まず技術的にできるだけ自分にあったものを見つけるよりは条件面をよくチェックして、後はシステムの内容がどうか、というレベルの準備ができてから求人案件をあたっていく、このような順番で探すのが妥当でしょう。

もちろん新しい技術を求める求人も多くあります。モバイルではタブレットやスマートフォン、そしてクラウドやソーシャルサービスなどが主流になっています。また従来型のネットワークの運用やユーザサポートなどの仕事ももちろん豊富です。基本は変わりませんが、基本をしっかりと抑えて、その上で新しい技術をどんどん取り込んでいける、と自信を持って言えるようなシステムエンジニアになるのが理想です。

1月 232013
 

フリーランスには様々な職種が存在します。
例えばデザイナーやライター、カメラマン、システムエンジニアやプログラマーなどがあげられます。
どこの組織にも属さないで自分のスキルを使って仕事をして収入を得ている専門職の事をフリーランスと呼びますが、
フリーランスで仕事をするためには即戦力となるスキルを身につけなければなりません。
実際の募集情報はこちらです。多様な職種の案件があることがわかります。

フリーランスとして仕事をしている人も始めは企業などに務め、
しっかり実力をつけてからフリーで独立するというパターンが多いようです。
どの職種でもそうですが、人脈がなければフリーで仕事をしていくのは難しいでしょう。
どんなに実力があっても仕事をもらう相手がいなければ、仕事として成立しないのです。
仕事をもらって、その仕事をやり遂げ、結果を出して信用を得る事がどの職種であっても大切なのです。

フリーになったのだから自分の好きな仕事だけするというスタンスでいくと
最初の信頼関係が築けずにフリーとして活動していくのは難しいかもしれません。
フリーランスとして仕事をして収入を得られるというのは、
どの職種であっても実力がなければなかなか出来る事ではありませんから
憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。
フリーランスとして仕事をしたいのであれば、
まずは誰にも負けないスキルを身につける事から始めると良いかもしれませんね。

8月 212012
 

エンジニアの求人は最近増加しているといわれています。
その背景としては、スマートフォンやタブレット端末の急速な普及により、
ゲームやアプリ、サービスを急展開しなくてはならない企業が多く、
エンジニアの数がどこも足りていないためです。

しかし、エンジニアであればだれでも良いと言ったことではありません。

エンジニアでも、優秀な人ほどどこもほしがります。

システム開発の案件は、使っているとどうしてもバグやエラーが発生してしまいます。
大手企業がそのエラーをリリース後にやってしまっては、
ごめんなさいではすまないミスになってしまうからです。

ですので、システム開発を行うエンジニアに求めるスキルは、
非常に高くなってはいます。

そこまでは無理といった方でも、様々なお仕事の案件がありますので、
一度調べてみてはどうでしょうか。↓こちらのサイトで確認できます。

エンジニアとして働くならエースターがおすすめですよ。
豊富な求人情報の中から、良い案件が選べます。

新着も毎日更新しているので、チェックしてみましょう。

7月 142012
 

エンジニアの収入に関しては、エンジニアの仕事を探している方にとって重要ですよね。

そこで、システムエンジニアの年収の例を見てみます。
システムエンジニア(SE)とは、情報システムの設計、構築、運用に従事する職を指し、
日本では企業情報システムの開発に携わるものという解釈をしています。

似たような職種でプログラマーがありますが、プログラマーはシステムの構築のみを担当する仕事です

平成20年のシステムエンジニアの平均月収は37万円、
そこから計算し、およその平均年収(ボーナス込)は547万円でした。

システムエンジニアの過去の年収推移を見ると550万円前後で推移しています。
時給ベースも年収推移とほぼ同様の動きを見せています。

また、全体的にシステムエンジニアは労働時間が長いとされており、
特に、設計面で優秀な方やプロジェクトマネージャーなどになると残業は自然と多くなります。

このように多くの知識、技術を学び高い専門性が必要な仕事にも関わらず、
近年のシステムエンジニアの収入はパッとしませんので、
エンジニアの仕事が好きだという方以外にはすこしハードなお仕事かもしれませんね。

 Posted by at 7:17 AM
6月 142012
 

PHPとは、Webサーバ上で情報を提供し表現するHTMLに埋め込むタイプのスクリプト言語です。
JavaScriptと同じように、プログラムのコンパイルをする必要のない、テキストベースのインタープリター言語とも言えます。
Webアプリケーションを開発する言語には、
他にもPerl、Java、Ruby、ASPなどがありますが、何故今PHPが注目されているのでしょうか?

PHPは、Perlと同様にテキストベースで構築できる手軽さがあり、
HTMLに埋め込む言語であるため、簡単なテキストエディタがあれば、誰でも書くことができ、
CGIのようなサーバ負担も少なく、実行が早い利点も持っています。

・Webアプリケーション開発に特化した言語
・文法が比較的簡単で初心者にもわかりやすい
・テキストベースで手間がかからず、デバックも簡単に行える。
・短期開発に向いている。
・CGIと比べると速度が早い
・どんな種類のデータベースとも接続可能

上記のような特徴を持つPHPは、商用サイト等でも多く採用されています。

 Posted by at 12:28 PM
6月 142012
 

プログラミング言語等の知識を除き、エンジニアに必要な能力にはいくつかあります。

まずは、企画力とスピード力です。
エンジニアは、より良いサービスを作ることを目的としたサービスを作らなければいけません。
そのために何を作るかを把握し、より良い企画を生み出す力がいります。
また、せっかく良いサービスを生み出しても、
他社に先を越されたり、納期に間に合わなかったりしたら元も子もありません。
Webサービスの世界は変化が激しいので、チャンスと判断したら、
他社が実現する前に行動に起こすことが重要になってきます。
このためスピード力というのはかなり重要になってきます。

次に使いやすさにこだわる力です。
せっかく作っても使いにくければユーザーはついてきません。
同じようなことができてかつ使いやすい他のWebサービスがあれば、ユーザーはどんどんそちらに移ってしまうでしょう。
そのため、エンジニアは、いつもユーザーの立場に立ち、細かい使い勝手を追求していかないといけません。

最後に、コーディング力です。
コーディング力が高いとは、どれだけ修正しやすいコードで作られているかです。
Webサービス企業にとってはリリース後にユーザーの反応を見ながらサービスをよりよく修正していくことが必須になってきます。
このため、もし修正しにくいコードで作られていると、修正から再リリースまでの時間が無駄にかかってしまうことになります。
作業をどれだけ短く、数多くこなせるかが重要になってくるため、
どれくだけ修正しやすいコードを書けるかが大切になってきます。